コーチングレッスン

《自信》が育つ!?人生が変わる!?「コーチングとは何ですか?」

自信がある。自信がない。と言ったりしますが、自信は育てることができます。コーチングを通じて、自信を育てる習慣づくりで、無理なく楽して自信を育てるコーチングレッスン。

 

こんにちは^^
がんばり屋さんで、甘えるのが苦手な女性の
硬くなった頭と心を「まあるく」「しなやか」に整える♡

《自信》を育てるコーチングレッスン
Almalogy メソッド主宰の vivi こと 松井香苗です。

 

毎日のSNSでクライアントの成果をご紹介していて、

「え?なんでそんなにすごい変化が起きているの?」

「他のサービスと、何がそんなに違うの!?」

そんな風に思われている方も多いかと思います。

 

正直、わたし自身もこんなにすごい変化を目の当たりにするとは!!!
思いもしませんでした(笑)

この記事では「コーチング」ってなんだろう!?

と思ってくださった方のために
①「コーチング」が何か?について、
②変化が出る秘密をご紹介しますね。

世の中にあるサービスと「コーチング」は一体何が違うの?

まだ聴きなれな方も多い「コーチング」という言葉。

「コーチ」というとスポーツ選手の指導をする人のイメージがありますよね。

コーチは、《クライアントを目的地(ゴール)まで運ぶ》ためにサポートする人のことを指します。

コーチ=Coachというのは、馬車のことです。
あの、ファッションブランドのCOACHのアイコンがまさにそう!

あなたが行きたい目的地を設定して、その目的地まで運ぶ馬車のこと。

とは言え、コーチがあなたの代わりに代行で家事やビジネスをしてくれるわけではないので、目的地に向かう道中を地図と懐中電灯を持って、あなたの斜め後ろから道を照らしながら一緒に旅するパートナーのようなイメージでしょうか。

あなたが迷った時に、一人で悩んでモヤモヤする前に、あなたの視野をちょっと広げる問い掛けをしながら、あなたが自分で最良の選択ができるように伴走します^^

 

♡コーチを選ぶポイントはここ♡

コーチの実績や成果も重要ですが、何よりあなたが本音で心を開いてお話しできる安心感のある人柄で選ぶのがオススメです。

 

どうして、コーチングで《自信》が育つの!?得られるメリット

コーチングは、クライアントとの対話を大切にします。

コーチングの役割

✔︎自立性を持たせるように努める
✔︎バランスが取れるようにする
✔︎高いパフォーマンスを安定させる
✔︎基準をあげる
✔︎能力を引き出す
✔︎選択肢を増やす
✔︎理解と行動の溝を埋める
                            and more…

 

 

❌目的もなくただサポートしてもらうことや、
❌指導したり、できないことを指摘することや、
❌クライアントが独り言のように言いたいことを話すのでは、

コーチングの効果は得られません。

 

ティーチング(=教える)のではなく、クライアントが選択肢を広げて、自分で決め、行動できるようにするのがコーチングです。

コーチングでは《自分で答えを導き出す》ので、「自分で決められた!」「わたしにもできた!」と自分に対する自信を取り戻すことができます。

教わった通りにやるのではなく、自ら進んで決断・行動するので、結果に対しての満足感・やってみた後に得られる実感が違うんですね。

そう!まさにその通りです♡
自分で決めて行動して、上手くいった!その達成感や喜びがあるから、行動すればするほどに自信が育つんです^^

他のサービスとコーチングでは、何が違うの?

ここまで、コーチングのお話をしてきました。
①コーチングではティーチング(=教える)とは違うこと。
②クライアントがいかにして《自信》を育てることができるのか。
お分り頂けたと思います。

さて、混同されがちな、このトピックについても触れておきますね。

同じような職業にコンサルタントや、カウンセラーがいますよね。
どう違うんですか?

コンサルタントとは?

コンサルタントとは・・・

あなたの代わりに専門業界の知識や情報、業界の状況などを調べて提案するお仕事のことを指します。

あなたが導き出せない答えを探してきて、判断できるように渡してくれる人です。

コーチングではなくて、ティーチング(=教える)役割です。

例えば、政治家の人が政策や法律を変更する際には、その業界の見識者である学者や法律家に意見を仰ぐのもコンサルティングの一つです。

 

カウンセラーとは?

カウンセラーとは・・・

あなたの悩みを聴き、それを悩みがないフラットな状態に導く専門家のことです。

日本では特にマイナスの精神状態から、0(ゼロ)の状態まで回復させる心理カウンセラーが一般的に知られています。

例えば、大きな事件や災害の後には、子供の心や遺族・関係者の心を癒すカウンセリングによって平常心を取り戻せるように支援する働きは、日本各地で行われています。

アメリカやヨーロッパでは、カップルでカウンセリングを受けたり、悩みがある時にすぐに相談できる場所として気軽に通うことができる場になっています。

 

コーチングを利用するのに最適なタイミングは?

コーチはコンサルタントと違い、何かを教える立場ではありません。

なので、知識を学ぶためではなくて、
あなたが目的地(夢や目標)に向かう際に、「わたしにはできる!」と自分を信頼して、安定したメンタル状態で行動したい時に有効なパートナーです。

 

また、コーチはカウンセラーと違い、精神を治す治療はできません。

なので、心の病にかかっているわけではなくて、
あなたが大きな目標や、今の自分では手に入れられない理想の未来を実現させたい際に、自信を持って行動したいけれど、不安な気持ちが邪魔をしている時に有効なパートナーです。

 

わたしがコーチングで大切にしていること


最後に、わたしがコーチとして大切にしていることもご紹介しておきたいと思います。

それは次の3つです。

①話しやすくて、安心感があること
クライアントにとって、否定されない、傷付かない、押し付けられない相手であることが大切だと思っています。

②親しみやすいけど、礼節のある距離感
身近な友人や、親戚のような親しみやすさと、心のパーソナルスペースに踏み込み過ぎない適度な距離感を大切にしています。

③たくさん褒める、認める、感謝する
「こんなもんじゃない」という向上心は素晴らしいですが、「できている」ことを認められないと自信は育ちません。小さなことでも見つけて褒めることを心がけています。

 

《自信》を育てるのに大切なことは
思うままに、素直に、物怖じせずに表現することです。

硬くなった頭と心を「まあるく」「しなやか」に整えることができれば、自分を傷つける言葉を使わなくなり、自然と自信が育っていきます。

 

わたしのコーチングレッスンには、

☑️ がんばり屋さんで真面目な女性
☑️ 人に頼ったり甘えるのが苦手な女性
☑️ 知識や実績があるのに自信を持てない女性
☑️ 遠慮して意見が言えずに振り回されやすい女性
☑️ 叶えたい夢や目標はあるけど勇気が出ない女性

が来られます。

クライアントの現在地と、目標(人生の目的)はそれぞれ違います。
そして抱えている悩みも様々です。

そのため《自信》を育むレッスンは、一人一人の状況に合わせてオーダーメイドで対応をしています。

《自信》は特別な人だけが持つものではありません。
育てることができます。

 

自信は誰しも持っている。育てることでメンタルが強くなる。

《自信》を育むには、「自信とは何か?」を学ぶよりも【体験】した方がよくわかります。

自分は「できる」と実感し、
「できない」と考えてしまう原因を改善し、
「できた」という成功体験を積み重ねていきます。

《自信》を育む【体験】をすることは、短期間でも可能です。

ですが、その【体験】を【習慣】にすることで
がんばらなくても無意識レベルで《自信》を育て続けることができるようになります。

そのためには、これまで30年かけて培ってきた考え方のクセを整えるわけですから、長期的にお付き合いできる安心できる関係性が大切だと考えています。

上記に挙げた3つのことは、クライアントと長期で関わる中で、お互いの関係性を良好に保つ上で大切なことだと思っています。

 

最後に・・・あなたは、自信を育ててどんな未来を目指しますか?

 

現在、ご提供中のサービスはこちらです

●たましいレベルで自分を生きたい人の個別セッション『I am』
●自信を育むコーチングレッスン
●個性で売れるポジションを創るビジネス コンサルティング
●単発講座

▼詳細は《こちら》をクリック
https://almalogy.com/service2020jan/